クラウンリボルバー その2




前回の続きです。
主旨はクラウンのガスリボルバーに
エアリボルバーのシリンダーが付くらしいので
ちょっと実験してみた。の巻です。

まずは互換性から

      マルイカート クラエア クラガス

クラウンガス  ×    ×    〇

クラウンエア  〇    〇    △

マルイエア   〇    △    △

ちょっと歪ですがこんな結果です。
クラウンガスのシリンダーはインナーバレル的な
インサートが入っているので当然の結果。
両社エアリボルバーにガスカートは入りますが
インナーバレルとの間に大きな隙間が生まれるので
弾が出ませんでした、まあこれも当然の結果。
両社のエアリボルバー間で完全互換とならなかったのは
おそらく装填方式が前後と違うのが原因かと
思います。マルイの方がインナーバレルとカートの
結合がよりタイトなんでしょう。少しのギャップで
インナーバレルに弾が入らず不発となりました。

ちなみにクラウンエアのシリンダーにマルイカートを
入れると排莢が少しきつくなります。逆さにしても
落ちてこないくらいでエジェクターロッドを使えば
難なく抜ける程度です。実銃寄りになってリアル?



さて、本命のカスタムです。
やり方は至極簡単、写真の反対側、トリガーの上辺りに
あるマイナスネジを緩めましょう。
すると↑のようにヨーク、クレーン、シリンダーが
丸ごと取れます。あとは組み替えるだけ。
ガスのフレームにはどのシリンダーも問題なく付きます。
自分はサバゲ使用時のリロードを考えて排莢しやすい
マルイのシリンダーを組みました。

クラウンガス+マルイシリンダー+マルイカートで
初速が60m/s、0.2g弾だとフライヤー弾道で
50mくらいは飛びましたが当てるならば0.25g弾を
推奨します。
あと趣味でシリンダーのフルート(溝)パテ埋めして
ノンフルート仕様にしました。


以上です。
今回外観については触れませんでしたが、その理由
としてどれも価格なりの仕上げで期待すべき項目で
なかったと判断しました。あえて言うならシルバーモデル
の方はトリガーとかハンマーがもろに灰色で萎える位。
外観求めるならモデルガンかタナカ、マルシンをお勧めします。




同じカテゴリー(外装カスタム)の記事画像
クラウンリボルバー その1
マルイ 電動M93R リペア
CYMA CM.350 ソウドオフ
USPアップデート
マルイ、マルゼンスコーピオン木製ストック
M870タクティカルフロントサイト
同じカテゴリー(外装カスタム)の記事
 クラウンリボルバー その1 (2018-03-29 16:58)
 マルイ 電動M93R リペア (2016-05-08 20:57)
 CYMA CM.350 ソウドオフ (2016-05-05 20:34)
 USPアップデート (2014-11-02 18:11)
 マルイ、マルゼンスコーピオン木製ストック (2014-02-16 21:28)
 M870タクティカルフロントサイト (2013-09-02 20:36)

2018年03月29日 Posted by 防毒面  at 17:33 │Comments(0)外装カスタム

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
防毒面
ガスマスクフェチ・・・ではありません。
某イベントでネタでガスマスク被ったらこの様ですw
せっかくもらった名前なので使ってますw
いいよね、ガスマスク(ぇ

ときおりビクトリーショーで
キットボーイ様のブースを間借りして
制作物などを出品しております。
限定生産、一品ものなので購入は
即決でwww