スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

クラウンリボルバー その2




前回の続きです。
主旨はクラウンのガスリボルバーに
エアリボルバーのシリンダーが付くらしいので
ちょっと実験してみた。の巻です。

まずは互換性から

      マルイカート クラエア クラガス

クラウンガス  ×    ×    〇

クラウンエア  〇    〇    △

マルイエア   〇    △    △

ちょっと歪ですがこんな結果です。
クラウンガスのシリンダーはインナーバレル的な
インサートが入っているので当然の結果。
両社エアリボルバーにガスカートは入りますが
インナーバレルとの間に大きな隙間が生まれるので
弾が出ませんでした、まあこれも当然の結果。
両社のエアリボルバー間で完全互換とならなかったのは
おそらく装填方式が前後と違うのが原因かと
思います。マルイの方がインナーバレルとカートの
結合がよりタイトなんでしょう。少しのギャップで
インナーバレルに弾が入らず不発となりました。

ちなみにクラウンエアのシリンダーにマルイカートを
入れると排莢が少しきつくなります。逆さにしても
落ちてこないくらいでエジェクターロッドを使えば
難なく抜ける程度です。実銃寄りになってリアル?



さて、本命のカスタムです。
やり方は至極簡単、写真の反対側、トリガーの上辺りに
あるマイナスネジを緩めましょう。
すると↑のようにヨーク、クレーン、シリンダーが
丸ごと取れます。あとは組み替えるだけ。
ガスのフレームにはどのシリンダーも問題なく付きます。
自分はサバゲ使用時のリロードを考えて排莢しやすい
マルイのシリンダーを組みました。

クラウンガス+マルイシリンダー+マルイカートで
初速が60m/s、0.2g弾だとフライヤー弾道で
50mくらいは飛びましたが当てるならば0.25g弾を
推奨します。
あと趣味でシリンダーのフルート(溝)パテ埋めして
ノンフルート仕様にしました。


以上です。
今回外観については触れませんでしたが、その理由
としてどれも価格なりの仕上げで期待すべき項目で
なかったと判断しました。あえて言うならシルバーモデル
の方はトリガーとかハンマーがもろに灰色で萎える位。
外観求めるならモデルガンかタナカ、マルシンをお勧めします。  


2018年03月29日 Posted by 防毒面  at 17:33Comments(0)外装カスタム

クラウンリボルバー その1



久しぶりの更新です。
今回のネタはクラウンのリボルバー(ガス&エアコキ)
あと追加でマルイのエアコキリボルバー。

なんで追加かというと、この3丁のシリンダーが
なんと互換しております。
邪推ですが製造先が一緒なんでしょうね。
手間だったので試してませんがおそらく
アウターバレル周りも互換してそうです。

なにはともあれまずは比較。
1、クラウンガス コルトパイソン
 3丁の中で唯一18歳以上対象。ゆえに初速も
 80m/s前後とハンドガンとしては高め。
 カート式で真鍮製の弾頭が無い後装式。
 弾頭が無いので排莢時が割とリアル。

2、クラウンエア 同上
 10歳以上対象、初速はがんばって30m/sくらい
 シングルアクションのみでハンマーは片手では厳しい重さ。
 カートは後装式で弾頭付きリアルサイズだがもろに無塗装で
 安っぽい印象。

3、マルイエア 同上
 10歳以上対象、初速はクラウンエアと大差なし
 こちらもシングルアクションのみでハンマーも重い。
 カートは前装式で形状はクラウンエアと同じながら塗装
 されていて金属カート程ではないがまぁまぁリアル

ちなみにどれもカート式で予備カートも6発500~1200円で
手に入ります。未確認ですがクラウンがエア用の前装式真鍮カートを
発売している模様。



今回ネタにしたのはクラウンから待望していたスピードローダーが
出たのでロマンを求めた結果です。
↑はクラウンガスをローダーに装填してみました。
弾頭が無い分全長が短く、ローダーがあっても装填はちょっと手間です。



クラウンエアのカートを装着。
固定は不安ですがリムで止まっているので振り回しても外れることは
なさそうです。


なおマルイのカートでも使用可能。
ちなみにスピードローダーは1000円前後で販売されています。



長くなったので次回に続きます。  


2018年03月29日 Posted by 防毒面  at 16:58Comments(0)外装カスタム

マルイ 電動M93R リペア



先日サバゲに投入した電動M93Rです。



スライド前部下が知らんうちにすっ飛んでましたOTL
どうも見たところこの部分、別パーツでスライドに
接着してあるようで何かしらの衝撃で取れた模様。
発射性能自体にはほとんど影響なさそうですが
この部分が無いとスライドが固定されず前後に
2~3mmくらい動いてしまいます。
隙間も空いて見た目にもかっこ悪いので補修。



ガラクタに眠っていたマルイエアコキ1900円ベレッタ。
こいつには尊い犠牲になっていただきますw



スライドを取り外してフロント部を切除。
この後フロントから必要な下の部分だけを
さらに切り出します。
マルイのベレッタであればこの辺りの寸法は
一緒かと睨んだわけですがバッチリ合っている
どころか別パーツで構成している所まで一緒
だったので位置合わせ、接着が非常に楽でした。



完成!・・・嘘ですすんません。
この状態だとまたすぐ取れてしまうので接着剤
硬化後に左右にABS板で補強して塗装して
完成です。
  


2016年05月08日 Posted by 防毒面  at 20:57Comments(0)外装カスタムチューン

CYMA CM.350 ソウドオフ



先日購入、レビューしたCYMA製M870ですが、
早くもこのザマになりましたw

・ストックを鋸でぶったぎり
・バレルをちょこっと短縮

中身とかインナーバレルは切ってないので
性能そのままで取り回しを重視てな感じです。

ストック(グリップ?)の取り付けはこの位置で切ると
ちょうどグリップとストックの境目に仕切りの板が
あるのでM5サイズの60mm位のネジで
固定することができます。

元々精密に狙う銃じゃないし、近~中距離の
インドア想定ならば十分アリなんじゃないかと
思う次第です。

あとはこの銃がどれだけ耐久性があるかw
すぐ壊れないといいなぁ・・・でもCYMAだからなぁw  


2016年05月05日 Posted by 防毒面  at 20:34Comments(0)外装カスタム

USPアップデート



アンリミテッド用電動ハンドガンUSPを追加カスタム。
3年ほど前からアンリミテッドという射撃競技を
電動ハンドガンで挑戦してきましたが銃の選択の
部分で厳しい部分があると感じていました。
性能的にはキットボーイ製FETの搭載でガスブロと
遜色ないレベルまで引き上げられたので問題ない
のですが問題はホルスター。

グロック用はあるけれど個人的にグリップ角度が
合わないこともありUSPを選択しています。
(M93Rは論外としてM9A1はセフティの位置が
致命的。ガスブロならダブルアクションスタートで
OKですが電動はシングルアクションオンリーなので
セフティ解除が必須なのです)

で、今まではUSPコンパクト用CQCホルスターを
加工して使っていましたがちょっと限界を感じたので
レースホルスター仕様にしてみました。
と言っても何のことはないトリガーガードを
ハイキャパの物に変えただけ。



とにもかくにもハイキャパのフレーム(?)から
トリガーガードを切り取って用意。
そんでもってUSPのトリガーガード切除。
本当はメカボ取り出してフレームのみの状態で
作業するのが望ましいのですがバラすのめんどいので
そのままやってます。


そしてハイキャパのを移植。
フレーム側の接着面積が広いので接着剤で
仮止めした後にエポキシパテで隙間を埋め、
グリップ側も接合して整形します。


整形後。このあともうちょい削ってます。
自分の使用するUKリアクションの場合
トリガーガードで保持する関係上ハイキャパの
形状そのままでなければダメなのでギリギリに
削ってます。
ちなみにこの状態だとトリガーが幅広すぎて
UKには入りません。
よってトリガーも削ります。



入りましたイエー!
後はパテ部分を塗装して
ベルトとかいわゆる「シューティングリグ」を
そろえるだけです。
ここまでやってタイムが上がらないといよいよ
自身がポンコツであることを認めなければ
なりませんwww


ちなみに同様のカスタムをガンスミスバトン様が
既にやっているのは秘密だったりします。
  


2014年11月02日 Posted by 防毒面  at 18:11Comments(0)外装カスタム

マルイ、マルゼンスコーピオン木製ストック



過去にVショーで販売した自作パーツ。
販売してから2年ほど経つので再掲載してみるテスト。

当時の奴からはちょっと手を加えて
取り付け部分に隙間があってネジが露出していたのを
パラコードでスリングスイベルを作って誤魔化してますw
あとマズルにストックを収納する隙間がありますが
木ストだと不要なのでPDIのショートアタッチメントに交換。
インナーバレルが露出するのでショートサイレンサーでカバー。

スコーピオンはフレームの剛性が高いのでノーマルマガジンを
フォアグリップとして使用しても問題ないのでドラムマガジンは
使いません。サバゲではノーマル4本とサブアームで何とかしますw

今後スコーピオンをもう一丁買って弾幕仕様の魔改造を
施す予定ですw
どっかで中古でもいいから安く出ないかなぁ・・・  


2014年02月16日 Posted by 防毒面  at 21:28Comments(3)外装カスタム

M870タクティカルフロントサイト





マルイM870のフロントサイトを加工してみた。
タクチコーな集光アクリルサイトが出来ました!

やりかたは




1、ヤスリなりリューターなりでFサイトの真ん中をざっくり削る
2、すると元々付いていたホワイトドットの樹脂棒が取れるので抜く
3、樹脂棒の刺さっていた穴をちょっと広げて集光アクリルを挿入
4、瞬着で固定して出来上がり

補足すると集光アクリルは3mm径なので樹脂棒の刺さっていた
穴よりちょい太い。なので3mmのドリルで穴を拡張します。
集光アクリルは自分の場合近所のジョイフル本田で84円で購入。
大体1mくらいで売ってるので超余りますwww

注意点としてはサイトを本体(バレル)に固定しているネジが
意外に弱いので力任せに横から叩くと土台からもげますw
シリコンオイルとか吹いて潤滑させながら取ると良いかもしれません。
自分の場合はバレル切る前提だったので気にしませんでした(ぉ
まぁうっかりもげてもサイトの土台はネジの他に前後に出っ張りを
設けて位置決めされているので接着してしまえばサイトがずれたりする
事はないと思います。

出来れば取り付けた画像も載せたいけど生憎本体が入院中のため
サイトだけ・・・OTL  


2013年09月02日 Posted by 防毒面  at 20:36Comments(0)外装カスタム

M14ピッチ1逆ネジのダイス




長いこと探してた工具をついに手に入れました!
殺して奪い取ったわけではありません(ぉ
ヤフオクにて4k。ダイスとしては高いですが
専門店でも良くて取り寄せ、扱ってないので
物としては高くない買い物です。

で、最初の生贄(違)はCYMAのM14ちゃんです。



この娘、なんとマズルにネジが切ってありません。
これじゃ純正以外使えませんがな。さすがは中華娘(意味不明
防毒面と同じくらいサイレンサーが好きな私としましては
これは許されざる暴挙なのでお仕置きとしてネジ切りしてやります。



アウターの素材がどうもアルミ臭いのでサクサク切削。削り易い分
ねじ山が潰れるのも早そうですがそうなったらその時考えますw

で、問題発生。そして解決。



フロントサイトの固定がマズルパーツのイモネジに依存していたので
全く固定されなくなりました(汗
仕方がないので下からネジ穴空けてイモネジで固定です。




じゃじゃーん!
やっぱ狙撃するならサイレンサーがないとね!
電動だからあんまり効果ないけどwww
しかも中身故障中だから試射もできない・・・OTL  


2012年12月20日 Posted by 防毒面  at 19:56Comments(0)外装カスタム

あちゃー

スコーピオン用簡易木製ストック切り出したんですが・・・
若干サイズが違う・・・ OTL

今回のは若干薄くなります。
強度に問題はないと思われますが・・・やっちまった OTL  


2012年12月05日 Posted by 防毒面  at 11:35Comments(0)外装カスタム

懲りずに塗装 その2

明日やる、とか言っておいて翌日は雨だったので今日になりました。
雨は塗装には鬼門なんだぜ・・・?

と、言ってもやることは前回の繰り返しで色が変わるだけなので
特に書くこともありゃしません・・・どないしょw

まぁそんなこんなで塗った結果がこの様ですw


室内&撮影技術不足で見辛いですがご勘弁を OTL
まぁそれなりに陸自新迷彩・・・っぽいんじゃないかと。
そういうことにしといてください OTL

ちなみにやっすいスプレー塗料でも最後につや消しのクリアーで
塗るといい感じに仕上がります。そのままだと流石にツヤツヤで
安っぽいかも・・・それはそれでゲリラ臭くて良いかも知れない?  


2012年03月06日 Posted by 防毒面  at 19:03Comments(0)外装カスタム

懲りずに塗装 その1

ひょんな所からM14のストックが手に入ったのでこいつも
陸自新迷彩色に染めてくれようと思います。
時間の都合とお外が寒いのとで気持ちが折れたので途中までですが(ぉ

あ、あと塗装の基本なんですがまず塗装対象を中性洗剤で洗います。
やらないと残っている油脂で塗料が上手く乗りません。
それとスプレーで塗装する場合はスプレー缶を温めると噴射が安定して
塗装のムラが出来にくいです。というか冬場は温めないとほぼ確実に
塗装失敗します。ガスガン持っている人なら解ると思いますがこれは
冷えることでスプレー噴射の気化効率が落ちて吐出圧不足になる為です。

以上を踏まえた上で実践してください。

1、まず下地色で全塗装する
元々の銃の色を生かすなら話は別ですがまず一番明るい色で全部塗ります。
今回は予算の都合で100均のアクリルスプレー塗料ですw
模型用とか銃用の塗料があればモアベターなんですが如何せん高い OTL
まぁ実際の米軍兵士なんかもホームセンターなんで売ってる普通のスプレーで
塗装しているのでそれに倣ったと言い訳しておきますw

2、2番目に明るい色で模様をつける

模様の付け方はいくつかありますがせっかくなので前回作った型紙を
流用します。色は100均のブラウン、下地はライトブラウンです。
写真の様に紙を置いた上からスプレーを吹いていきます。
場所を変え、向きを変えて色んな模様にしていきます。


するとこんなまだら模様が出来ます。この後グリーンとブラックを
同じように塗っていくので密度はちょっと薄めになっています。


ここまでやって寒くて嫌になったので続きは明日やります(ぉぃ  


2012年03月04日 Posted by 防毒面  at 16:14Comments(0)外装カスタム

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
防毒面
ガスマスクフェチ・・・ではありません。
某イベントでネタでガスマスク被ったらこの様ですw
せっかくもらった名前なので使ってますw
いいよね、ガスマスク(ぇ

ときおりビクトリーショーで
キットボーイ様のブースを間借りして
制作物などを出品しております。
限定生産、一品ものなので購入は
即決でwww