スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

ヴァルターP99 フィクスド

最近マルゼンからワルサーP99が再販
されてますが人知れず固定ガスモデルも
再販されてた罠。
P99固定スライドと言えば一時定価以上の
プレミア価格が付いていた名銃でありました。

非常に軽く滑らかなトリガープル、サイレンサー
装着時の高い消音性能、コンパクトで
取り回しやすいサイズ。
当時はライト、サイレンサー、ガンケース入りで
マルイのソーコムの対抗馬として十分な実力を
誇っていたものでした。

そんなP99がしれっと再販されていたので
パーツ保守も兼ねて一丁購入。旧型と比較
してみます。



外観。超シンプル。ライトもサイレンサーも
付属していません。


中身は本体、弾、クリーニングロッドのみ
あと取説。質実剛健なドイツらしい(ぇ


新旧比較。右が新型、左が旧型。
旧型の方が経年劣化かちょっとテカテカしてる。
表面以外にほぼ違いなし。
シリアルナンバーが違うくらいで仕様変更はほとんど
なさそうな感じ


マガジン。外観は全く変わらず。
持病だったガス漏れしやすいのは改善されたのか
気になるところ。


ここで新旧の大きな違い発見。
上の画像は旧型の銃口部分。


こちらが新型。銃口内部に
ネジが切ってません。旧型は銃口に
切った雌ネジにサイレンサーの雄ネジをねじ込んで
装着するのですがこれでは社外品はおろか
純正も装着できません。
とりあえず9mmのタップでネジを切れば
装着できそうですが・・・


総評:過去の栄光ここに復活!とは言い切れない
   かな?サイレンサー付けられないのが致命的。
   とりあえずネジ切るか旧型のアウターバレル
   移植してみようと思います。
   サイレンサーが付けば文句なしでしたw

  


2016年05月26日 Posted by 防毒面  at 19:33Comments(0)

メーカー不明 コルトパイソン その2



過去にレビューした中華製ガスリボルバー(?)
(過去のレビューはこちら
コルトパイソンですが
1、ガス注入バルブからのガス漏れ
2、マガジン破損
の不具合が出てました。

解決策としては
1、マルイ用ガス注入バルブに交換
2、分解、補強

1、はバルブそのものが劣化してた為の
ガス漏れだったのでバルブ交換で済みました。
2、に関しては使用上の注意ですがBBローダーで
調子良く弾込めしていると弾を詰めすぎて
モナカ構造のマガジンがパックリ割れます。
対策としてテープなどで補強するかパテで
モナカを固定してしまうかの方法があります。
今回はパテで固定しました。

で、実射性能的なレビューですが、正直なところ
マルゼンさんコレ再販しねぇかな?
と思うほどいい銃です。
(実は中華製ですが元はマルゼンの固定ガスです)
まず何よりもトリガーが軽い!
固定ガスガンの括りで言えばおそらく一番かと。
初速は0.12gで50m/sと優しい初速ですが
インドア使用ならまず問題ありません。
むしろ近距離で遠慮なく撃てるからいいかもw
弾道も弱ホップ気味で山なり15m位が狙える
射程距離ですがインドアなら十分でしょう。
左右のブレは殆どなし、当たり個体なのかも知れませんが
素直な弾道です。

欠点は予備マガジンが持てないこと、
外観がアレな位でラフに扱うなら問題なしです。
ネタ銃というには勿体ない性能なので
買っても損はないと思います。

しかしP99FSといいマルゼンさんの固定ガス
いい仕事しますねぇ。
固定ガス愛好者としては頑張っていただきたいものです。

  


2016年05月24日 Posted by 防毒面  at 21:42Comments(0)レビュー

マルイ 電動M93R リペア



先日サバゲに投入した電動M93Rです。



スライド前部下が知らんうちにすっ飛んでましたOTL
どうも見たところこの部分、別パーツでスライドに
接着してあるようで何かしらの衝撃で取れた模様。
発射性能自体にはほとんど影響なさそうですが
この部分が無いとスライドが固定されず前後に
2~3mmくらい動いてしまいます。
隙間も空いて見た目にもかっこ悪いので補修。



ガラクタに眠っていたマルイエアコキ1900円ベレッタ。
こいつには尊い犠牲になっていただきますw



スライドを取り外してフロント部を切除。
この後フロントから必要な下の部分だけを
さらに切り出します。
マルイのベレッタであればこの辺りの寸法は
一緒かと睨んだわけですがバッチリ合っている
どころか別パーツで構成している所まで一緒
だったので位置合わせ、接着が非常に楽でした。



完成!・・・嘘ですすんません。
この状態だとまたすぐ取れてしまうので接着剤
硬化後に左右にABS板で補強して塗装して
完成です。
  


2016年05月08日 Posted by 防毒面  at 20:57Comments(0)外装カスタムチューン

CYMA CM.350 ソウドオフ



先日購入、レビューしたCYMA製M870ですが、
早くもこのザマになりましたw

・ストックを鋸でぶったぎり
・バレルをちょこっと短縮

中身とかインナーバレルは切ってないので
性能そのままで取り回しを重視てな感じです。

ストック(グリップ?)の取り付けはこの位置で切ると
ちょうどグリップとストックの境目に仕切りの板が
あるのでM5サイズの60mm位のネジで
固定することができます。

元々精密に狙う銃じゃないし、近~中距離の
インドア想定ならば十分アリなんじゃないかと
思う次第です。

あとはこの銃がどれだけ耐久性があるかw
すぐ壊れないといいなぁ・・・でもCYMAだからなぁw  


2016年05月05日 Posted by 防毒面  at 20:34Comments(0)外装カスタム

CYMA CM.350



中華メーカーのCYMA(司馬だったかな?)から
3発発射のM870が出てると聞いて検索、購入。

CYMAと言えばマルイのパクリコピーで
有名ですがこれも多分に漏れずマルイのエアコキ
ショットガン「ベネリM3」の内部コピーになるようです。
マルイから曲銃床タイプのショットガンが出てれば
当然そっち買うんですが無い以上仕方ないw
ガスショットガンは買ったのでそれで許されたいw

で、このCYMAの銃ですがリアルを追及(?)した
メタルモデルとサバゲでの使用や入門用的な
意味合いの廉価版のスポーツラインなるものが
あって今回買ったのはメタルモデル。というか
スポーツラインが無かった OTL
スポーツラインの方が1万円切る価格で使い倒す
にはいいんですが・・・

まぁそれはともかく手元にあるガスショットガンの
マルイ製M870と比較してみる


横から見るとそんな違和感ない感じ。
フォアグリップが明らかにでかいけどwww
あとマルイの方はバレルを少し切ってあるので
短いです。



フォアグリップが一回りくらい太いです。
ここら辺がベネリコピーの面影というか印象かな
G18Cコピーの電動ハンドガンの時はあんまりにも
太くデフォルメされてたんで残念通り越して超ウケル感じ
でしたがこちらはまぁ許せるレベルかな。
一応滑り止めの溝はありますが材質的に滑りやすいので
滑り止め加工はした方がいいと思います。



フレーム部分。やっぱりちょい太い。
ちなみに他の購入者の方のレビュー見るとどうも
M3へのストック移植は要加工のようです。
自分はソウドオフグリップ自作予定なんで
余ったストックをM3が手に入ったら加工してみようと
思います。



ピンボケ甚だしいですが銃口。
3発同時発射の3バレルがお目見え。
マガジンとなるショットシェルはマルイと完全互換
していました。
コッキングに関して自分の個体はマルイと同等くらいでしたが
物によっては軽かったり重かったり個体差が
激しい模様です。


実射はまだ出来てませんがそのうちちょっと
撃ってこようと思います。
今の時点では決して悪い出来じゃないけど
鑑賞、コレクションには堪えない感じ。
ショットガンは曲銃床がいい人は買っても
損しないかなぁと思います。  


2016年05月03日 Posted by 防毒面  at 22:26Comments(0)レビュー

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
防毒面
ガスマスクフェチ・・・ではありません。
某イベントでネタでガスマスク被ったらこの様ですw
せっかくもらった名前なので使ってますw
いいよね、ガスマスク(ぇ

ときおりビクトリーショーで
キットボーイ様のブースを間借りして
制作物などを出品しております。
限定生産、一品ものなので購入は
即決でwww